Ph住まいのインフォ

防犯対策について考えよう!

安心した毎日を過ごすためには、防犯対策を心がけておくことも重要です。

大型連休や夏休みなど、留守にすることが多くなるこれからの季節は、特に気をつけたいものです。今回は、防犯対策情報をお届けいたします。

すぐにできる事、できない事はありますが、普段からの心がけがとても重要です。うちは大丈夫と思っても、空き巣被害は割と身近な犯罪なのです。

イメージ写真

物件を選ぶ際のポイント

・オートロックや防犯カメラがついているか

・カメラ付きのインターホンがあるか

・ピッキングされにくい鍵、もしくは入居のタイミングで新しい鍵に変更できるか

・大家さんや管理人さんが常駐している。または、警備会社と契約しているか

・人通りがあるか、建物の前の道路は明るいか

入居後にチェックしたいこと

表札近くのマークは消しましょう。
訪問販売や泥棒などが、表札にマーキングしておく場合があります。このマークには、行動パターンが記されているとも言われています。
改めて、表札まわりをチェックしてみてください。

空き巣対策

[いつでも施錠]
外出時はもちろんですが、家にいる時であっても施錠しましょう。
また高層階であっても、窓の開けっ放しは厳禁です。工事などで建物に足場が組まれた時なども、用心しておきましょう。

[郵便ポストやドアポストはキレイに]
郵便物や新聞などが溜まった状態になっていると、留守であることをアピールしているようなものです。
毎日キレイにすることで、在宅を証明し、泥棒にチェックされないようにしましょう。

女性の一人暮らし編

ゴミは個人情報の山です。郵便物などはシュレッダー処理がおすすめです。
玄関に男性用の靴を置いておく、エレベーターの二人乗り、特に夜間は注意しましょう。郵便物は、なるべく早めにお部屋の中へ。
洗濯中やお湯を沸かしている時などは、長電話に注意しましょう。水漏れや火災など、何かあっても聞こえずに、気付かない事もあります。

ここがポイント!
泥棒は、少しでも“入りにくい”と感じると、その家をあきらめるのだそうです。危機管理は、あなた自身が日々徹底しなければなりません。
お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

■中央店
011-206-8383
(営業時間:10:00~19:00)
■北円山店
011-624-0777
(営業時間:10:00~19:00)
メールでのお問い合わせ
このページの上へ